更年期は運動不足が原因?

更年期の様々な症状

ここでは、女性の更年期と運動不足との関係性について、お話していきたいと思います。

 

女性は50歳前後にさしかかりますと、皆例外なく更年期になるものですが、この時期になりますと体力の低下が気になり始め、年齢的な衰えを感じやすくなります。

 

例えば少ししか身体を動かしていなくても、激しい動悸や息切れが起きやすくなりますが、女性の場合、これには卵巣機能の衰えが関係していると思われます。

 

この卵巣機能の低下によって、女性ホルモン・エストロゲンの分泌が急激に減少するのですが、エストロゲンは自律神経のコントロールを担う脳の視床下部の働きと深く関係しており、エストロゲンが減少すれば、視床下部も自律神経も乱れるという、因果関係があるということなのです。

 

自律神経は脈拍等の調整も行っていますので、自律神経が乱れれば、動悸や息切れに結び付いてしまうのです。

 

ストレッチする女性

従って、ただでさえ動くのが億劫になっているのに、余計に身体を動かすのが面倒になってしまい、運動不足になってしまうという人もいます。

 

動かないでいれば当然のことながら、筋力や体力の低下が加速するだけですから、出来るだけ積極的に身体を動かす必要があります。

 

そのようにして更年期に低下しがちな身体機能を、極力高めるようにすることが大切で、精神的にも良い刺激と影響力があるはずです。

 

かと言って、普段スポーツをしつけていない人が、急に筋トレやジョギング等のキツい運動をするのは逆効果ですので、ヨガやウォーキング等の有酸素運動やストレッチを、毎日少しづつ続けることが大切です。

 

また運動のための時間がとれない人は、通勤や通学等でなるべく歩くようにしたり、エスカレーターやエレベーターではなく階段を使うようにしたりするようにし、デスクワークを長時間している人は、いい姿勢を維持するだけでも筋肉を使って運動をしていることになるので、心がけるようにしましょう。

 

椅子に座りながらでも、脚をあげて腹筋を鍛えることは出来ます。

 

つまり、なにかしらの形で筋肉を使うようにしていれば、運動になるということなのです。

 

食事

それ以外では食べ過ぎや飲み過ぎに気を付けて肥満の防止に努めましょう。

 

無理なダイエットで急激に体重を減らしても健康には良くないので、今の体重を維持することを優先するようにしましょう。

 

健康的な生活習慣や食生活を続け、毎日適度な運動を続けていれば、肥満だけでなく、骨粗しょう症の予防やインスリンの働きにも、良い影響があると思います。

 

更年期によい運動とストレッチ

おすすめ更年期サプリメント

更年期用マカサプリ full-me MACA(フルミーマカ)

  • 農薬不使用国産マカ100%使用
  • ホルモン分泌をサポートする注目成分ベンジルグルコシノレートが海外産マカの10数倍配合
  • アミノ酸・必須アミノ酸18種類、ミネラル8種類、ビタミンも豊富に配合
  • コラーゲン・ヒアルロン酸を含有した美容サポート成分、卵角膜パウダーを配合
  • 有用成分の吸収効率を高めるための特許ソフトカプセル使用
  • 飲みやすい無臭ソフトカプセル使用
  • 医薬品製造GMP取得工場で製造
  • 放射能検査も検出なし
通常価格7,980円 → 2,980円

エクオール+ラクトビオン酸

  • エクオール研究の専門医と共同開発した高品質サプリメント
  • スーパーイソフラボン「エクオール」を直接摂取できる
  • ラクトビオン酸配合でエクオールの生産力とカルシウムの吸収アップ
90カプセル入り(1日3カプセル目安/約30日分) 6,480円 → 5,832円


 

エイジングリペア

  • 口コミナンバーワンのプラセンタサプリメント
  • 90日間全額返金保証付き
  • 初めての方限定で定期コース初回半額のお試しキャンペーン中
1箱30包入り[1包4粒1か月分] 8,800円 → 4,400円(税別)