更年期障害と自律神経失調症の違い

ポイントする女性

 

世の中には、他の病気や障害と間違えられやすいものがあるものですが、更年期障害と自律神経失調症も、その例の1つなのではないでしょうか。

 

そこでここでは、この2つの障害と症状の違いについて、お話していきたいと思います。

 

更年期障害

更年期の様々な症状

まず更年期障害についてです。

 

更年期障害は特に男性のと断らなければ、女性特有の症状が出る更年期障害の方を指します。

 

40代後半から50代前半の閉経する時期を迎えた女性は、他の病気と間違えやすい様々な症状の見舞われる場合があり、これらの症状を総称して更年期障害と呼んでいます。

 

神経系の症状では、のぼせ・発汗・冷え・動悸・息切れ・むくみ・疲労感・頭痛・目まい・不眠・不安感・イライラ感等の症状が表われます。

 

また筋肉関節系の症状には、腰痛・肩こり・関節痛・背部痛・筋肉痛等の症状、皮ふ系の症状には皮ふの乾燥・痒み・シワ・くすみ等の症状があります。

 

自律神経失調症

ストレスの女性

一方自律神経失調症は男女に共通して発症するものですが、女性の発症率は男性の2倍以上となっています。

 

これは更年期障害そのものが、自律神経の乱れを誘因する場合があるからで、更年期障害の代表的な症状の1つが、自律神経失調症だとも言えるからです。

 

男性も含めて発症する方の自律神経失調症は、仕事上等のストレスや深夜の残業等により、生活のリズムが不規則になることが、主な原因と言われています。

 

女性特有の更年期障害から自律神経失調症を発症する人の特徴には、ストレスに弱いことがあげられ、いつまでのくよくよしていたり、神経質で取り越し苦労をしがちな、悲観的な考え方をしやすい人が、なりやすいと言われています。

 

勿論更年期の症状の表われ方には個人差がありますから、なりやすいタイプに当てはまるからと言って、必ず自律神経失調症を発症するわけではありません。

 

閉経する時期にさすかかっても、そもそも更年期障害の症状自体が、殆ど表われない人もいるからです。

 

また男女に共通する方の自律神経失調症の症状には、ズキズキとする頭痛を繰り返す・疲れているのに中々寝付けない・しょっ中激しい目まいがする・突然パニックを起こす等の他、不安でたまらなくなる、気持ちが落ち込み気味になる時期が長く続く等の症状があげられます。

 

この中の症状の1つでも心当たりのある人は、すぐに専門の外来を受診するようにしてください。

おすすめ更年期サプリメント

更年期用マカサプリ full-me MACA(フルミーマカ)

  • 農薬不使用国産マカ100%使用
  • ホルモン分泌をサポートする注目成分ベンジルグルコシノレートが海外産マカの10数倍配合
  • アミノ酸・必須アミノ酸18種類、ミネラル8種類、ビタミンも豊富に配合
  • コラーゲン・ヒアルロン酸を含有した美容サポート成分、卵角膜パウダーを配合
  • 有用成分の吸収効率を高めるための特許ソフトカプセル使用
  • 飲みやすい無臭ソフトカプセル使用
  • 医薬品製造GMP取得工場で製造
  • 放射能検査も検出なし
通常価格7,980円 → 2,980円

エクオール+ラクトビオン酸

  • エクオール研究の専門医と共同開発した高品質サプリメント
  • スーパーイソフラボン「エクオール」を直接摂取できる
  • ラクトビオン酸配合でエクオールの生産力とカルシウムの吸収アップ
90カプセル入り(1日3カプセル目安/約30日分) 6,480円 → 5,832円


 

エイジングリペア

  • 口コミナンバーワンのプラセンタサプリメント
  • 90日間全額返金保証付き
  • 初めての方限定で定期コース初回半額のお試しキャンペーン中
1箱30包入り[1包4粒1か月分] 8,800円 → 4,400円(税別)